今読んでる漫画「放浪息子」。

志村貴子の放浪息子を読み返してました・・・

連載中の漫画は読み返すタイミングが自分としては難しいです。
新刊が出た直後とかは微妙なので。
次読むまで少し間をおきたいタイプなもので。

志村貴子さんの作品は日常を淡々と描いているヨーロッパ映画にも似た雰囲気が好きなのですが、設定も結構すごいのに割とあっさり描いているのに驚かされます。

志村さんの作品の中ではこの作品は自分では真ん中くらいのランクですかね?
まだコミックになってない作品で読んでないものもあるのでなんともいえないですけど。

一番はなんだかんだで敷居の住人だったりします。



    放浪息子(6)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック