アニメ映画 「ストレンヂア」。

以前から少し気になっていたので本日見てみました。
大体予想通りの映画でした(汗
裏切られてはいないけど、期待していた以上のものはなかったですね。

最近多い「画は綺麗だけど心には残らない」アニメ映画が多い中、これも残念ながらそっちの部類に近いかな??

というか、あまりに高いレベルを求めてしまっているのかもしれませんね。
一定の刺激に慣れると物足りなくなるのと同じで、より面白いものでないといけなくなっているのかも。

そう考えると、面白いと感じるものに出会うのは結構大変なんですね(汗
見れば見るほどハードルが上がっていってしまいますし。


オーソドックスな時代劇だったが故に物足りない気がするのか、謎ですがおそらく物足りなく感じた最大の理由は


男ばかりでむさくるしい(ww


コレが自分的にいけなかったのでしょうか(ww
せっかく出てきた女剣士も瞬殺されてしまいましたし、姫は全然出てきませんし(ww

ある程度の華やかさはやはり必要ではと感じました。


ストレンヂア -無皇刃譚- 通常版
バンダイビジュアル
2008-04-11

ユーザレビュー:
2007年で最も楽し ...
犬が強いのでキャシャ ...
時代劇アニメ?黒澤映 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック