岡本倫 「極黒のブリュンヒルデ」 第1巻。

エルフェンリート以来、すっかりこの方の虜でしたが、

最近YJを講読していないため、新作が出ているのを見落としていました(汗

今回はまたエルフェンリートよりの作品のようです(ww


子供の頃に自分のせいで死なせてしまった女の子のことをずっと気に病んでいる主人公。

そんな主人公のもとにその女の子そっくりの子が現れて、しかもその子は謎の力を使っていて。


まだ1巻なので面白くなるのはこれからでしょうが、まあ相変わらずですね、もちろんいい意味で(w

ノノノノに出てきたデフォ顔が「エロ鬼瓦」みたいなライバル校のコーチみたいな良キャラが出るのを希望(ww

しかし、精神的に追い詰められる感じが凄いなぁ・・・・

しかも、この人の作品は大体予想通りの悲惨な感じになりますしね(汗


まあ、とりあえず今後に期待したいですね。


極黒のブリュンヒルデ 1 (ヤングジャンプコミックス)
集英社
2012-05-18
岡本 倫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 極黒のブリュンヒルデ 1 (ヤングジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

おやてん
2012年07月23日 22:48
怖い漫画なの?
俺は怖いのダメで
ジャンプもゆだんすると
怖いコマ開いちゃって
怖かったりします。
昔読んだ怖い漫画
なぜ読めたんだろう?
って不思議におもう。
まあ、何も読めなくなっちゃうんで
あきらめて怖いのも耐えてます。
シュタインズゲートは
こわかったな。
うん。
しかし歳をとって
漫画の主人公の方が若くて。苦笑いの時もあります
3巻くらいで終わる漫画が好きになりました。
いいたいこと言い切って
すぱっと終わるような漫画がいいなって
2012年07月26日 18:59
怖いのダメな人にはお薦めできない作家さんです。
救いも何もない場面がほとんどなので(汗

短い巻数で終わってる漫画で好きなのは、
自分はレベルEとかですかね。
個人的には5~10巻くらいで完結してるのが読みやすいですね。
頑張れば1日で読破できるくらいの量で(w

この記事へのトラックバック