探偵犬シャードック。

週刊少年マガジンで連載されていた作品です。

連載時はかなり毎週楽しみにしていた作品でしたので、少し前に全巻購入してありました。


主人公は輪島尊(わとうそんでワトソン)。ある日保健所からもらってきた不思議な犬(シャードック)は実はシャーロック・ホームズの生まれ変わりで・・・

尊の祖父が持っていたホームズが生前愛用していたパイプをシャードックが加えると尊と話ができるように。

シャードックがたまたま目撃した事件を解決したことをきっかけに、

もともと警察一家の家庭で育った尊は様々な事件を解決していくことになるわけで・・・・


ちょうど読むものもなくなったので読み返していたのですがやはり面白いww

いわゆる倒叙と呼ばれる、冒頭でまず犯人や犯行の手口などが明らかにされ、

犯人を徐々に心理的に追い詰めていくという形の推理マンガなのですが、

この倒叙がマンガにおいては実に有効な手段なんだなと改めて感心。


画を使って表現ができるマンガと犯人を追いつめていく心理戦はとても相性がいいですねw


しかも作画の方の描く女性はとても自分は好きなんですよね。

そんな彼女たちの決して見てはいけない表情がオンパレードwww

まあ、かわいらしい・・・・・・ああ、やはりこうなるのね、の繰り返し(汗


うん、なにかイケナイ扉が開いていくよ??


現在は第1部完、一応休載中ということになってます。

とても好きな作品なのでいつか再開してほしいところ・・・・

第1部完は打ち切りで再開はない、みたいなのが定説になってますが、

最近はそうとも言い切れなくなってきているような気もしますし。


金田一少年の事件簿との兼ね合いもあるのかな~・・・・

再開を心待ちにしたいですね。



探偵犬シャードック(1) (少年マガジンコミックス)
講談社
2012-03-16
佐藤 友生

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 探偵犬シャードック(1) (少年マガジンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック