3月のライオン がアニメ化&実写映画化決定らしい。

自分の大好きなこの作品、オビによると満を持してのアニメ化決定のようです。


ただ、羽海野チカさんの作品といえば「ハチミツとクローバー」も過去に同じようにアニメ化や映画化されてました。

正直自分はこちらは観なかったんですよね、原作はとても好きなんですけどね。

好きなだけにアニメや映画になったときに気になる部分が出てしまうというかね。


同じような例に志村貴子さんの「青い花」や「放浪息子」も挙げられるかも。

原作は、特に放浪息子は個人的にかなり好きな作品なんですが、

アニメの印象はほとんど残ってないんですよね。ああ、やってたなあ、というくらい。


どちらかというと空気感というか、独特の雰囲気があるのでそれを表現するというのはなかなか難しいのかも。

アニメ化に向いてる作品と向いてない作品があるとすれば、明らかに後者にあたる気がします。


とはいえ、やるというからには絶対にチェックしなければ、とも思うわけですがw


おそらくですが、連載当初からアニメ化のオファーはあったんじゃないか?と思うんですよね。

でもハチクロのこともあったし、出版社側も作家さんも慎重になってたんじゃないかと。

だとしたら、今回のアニメ化は勝算があってのことなんじゃと期待してしまいます。


時期はまだ未定のようですが、作品自体もそろそろ終盤に向かっている気もしますし、

完結してからのアニメ化もあるのかもしれませんね。


とりあえずは最新刊を読んで続報を待ちたいと思います。



3月のライオン 11 (ジェッツコミックス)
白泉社
2015-09-25
羽海野チカ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 3月のライオン 11 (ジェッツコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック