テーマ:好きな漫画

好きな連載マンガ、「ビッグコミックスピリッツ編」。

自分はコミックで読んでる好きなマンガは今までかなり紹介してますが、 コミックを買っていなくとも好きなマンガは沢山あるんですよね。 雑誌で読んでて好きだけどコミックを買わない理由もいろいろで、 「巻数が多すぎて置き場を考えると買えない」 なんて理由から(コレがかなり多いですが) 「面白さが最後まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今読んでる作品 「ストライプブルー」。

週刊少年チャンピオンで連載されていた作品です。 かなり好きな作品だったのですが、なんか最後は打ち切りっぽく終わってしまいました。 こちらの作品、前作「ショーバン」で培った本格派野球漫画の部分を持ちつつ・・・ 主人公が幼馴染2人+年上マネージャーとハーレム状態 こんな感じのスポーツ5、ラブコメ5ぐらいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今読んでる漫画 「EDEN」。

現在イブニングで「オールラウンダー廻」を連載している「遠藤浩輝」先生の作品ですね。 アフタヌーンで10年近く連載されていたんですが、去年めでたく完結。 後半はアフタヌーンの本誌を読んでいたのでコミックでは読んでませんでした。 連載終了から約1年、そろそろ読み時かなと思い読みだしたのですがやはり面白いです(ww …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐原ミズ 「マイガール」第4巻。

最近読み終えました。素晴らしい作品です(ww 最近はドラマ化の影響でやたら平積みされてますね、TVはすごいです。 ドラマの方は未見ですがどんななんでしょうか?? しかし、ホンワカ進んできたこの作品、4巻で急展開ですね(ww まさか正宗君に結婚問題がやってくるとは(ww 突然メインに躍り出た同僚の人が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ねむようこ 「午前3時の無法地帯」。

最近読んだ中ではかなり当たりだった作品です(ww 新卒デザイナーの女の子が恋に仕事に頑張る、そんな話です。 連載雑誌が同じというのもあり、宇仁田ゆみさんなんかと波長の合う作風ですね(w 別作品の「ペンとチョコレート」から好きになった作家さんですが、 個人的にはこっちの作品の方が好きかもです?? まあ、ペンチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北崎拓 クピドシリーズ最新作「このSを見よ」。

今週発売のスピリッツでとりあえず5話まで掲載されました。 コミック派の方もおられるので、なるべくネタバレは避けますが、 今回からは「クピドの悪戯」の冠は外されています。 若干今までとは毛色の違う内容になってますね。 そもそも、今回は登場人物の誰かが特に病気というわけではなさそうです。 今回のテーマは「魅了」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近読み返した漫画 「げんしけん」。

完結した頃に読み返したのが最後なんで3年ぶり?くらいに読み返しました(w 大学のサークルを舞台にしたある意味青春マンガですね。 まあ、オタサークルなわけですが(汗 後半はラブコメ展開だったりと自分の好きなツボを押さえられてます(ww 舞台の椎応大学も足を運んだことがあるので、身近に感じられますし。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

双 「空色スクエア」。

先日買った作品ですね。まんだらけの階段途中の壁でデカデカとプッシュされてました(ww あすこで結構買ってしまう自分がいます。過去にも何作品か・・・ でもコレはホント当たりでした。なんというか・・・ 超正統派三角関係恋愛漫画 一言で表すとこんな感じでしょうか(ww いや~、こういうベタなのはとって…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

椎名軽穂 「君に届け」がアニメ化。

最近出た9巻が前回からかなり間が空いたので読み返してます。 いやあ、相変わらず面白いですわ(ww 特に2巻がやっぱり好きですね、友情っていいです(w 椎名先生は割と昔から好きだったんですが、前作は苦手だったのでこの作品も買ったのは 3巻が出たあたりくらいでしたね。 最近は見慣れてきましたが、ブ厚いオビが一際…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自分的 「ナツコミ10」。

世間ではナツコミのオビのついたコミックを見かけるようになりましたね。 とりあえず、自分が今一番気になっている作品を10個挙げてみようという企画です。 以前も何回か同じようなことをしましたが、しばらくやってなかったので大分挙がるものも変わるのでは?? とりあえず、長くなりそうなので今回は5作品挙げてみます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

萩原一至 「BASTARD! 暗黒の破壊神」 第26巻。

今月出た最新刊ですね。約2年ぶりでしょうか?? この巻で、約10年かけて描かれたシリーズが終了となりましたね。 実際コミックでは5冊分くらいですが(汗 完全に「2年に1冊」のペースに慣れてしまった自分が怖い・・・ ファンタジー=コミック出るまでの期間が長い。 この公式は鉄板ですね。 学…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

田中ユキ 「神社のススメ」。

「神社」という、当り前のように行っているけど、 実際にはあまり知られてない「裏側」を描いた作品です。 ・・・まあ、 こんな神社はさすがにないはず(ww と思ってしまうようなすごい登場人物ばかりですが(ww 主人公は有名神社の次男坊。 長男が行方をくらましてしまったせいで後継ぎになること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入門するならこれがお薦め 「村上かつら」。

今回お薦めするのは「村上かつら」さんです。 主に「ビッグコミックスピリッツ」で連載されていた方です。 前作「ラッキー」も小学館から出版されていますね。 この作家さんの特徴は「心に突き刺さる」ような強烈な心理描写が得意なことですかね。 陰のある作風であることも相まって、読むのにかなり体力を使います(ww …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入門するならこれがお薦め 「藤田和日郎」。

今回はサンデーの看板作家、藤田先生のお薦めの1冊です。 お薦めしたいのはこちら 黒博物館スプリンガルド (モーニングKC)講談社 藤田 和日郎 ユーザレビュー:短編でも長編でもやっ ...心を惹きつけて最後ま ...お気に入りの一冊。ま ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 短編集「暁の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最近気になる作品  末次由紀 「ちはやふる」。

短編集紹介は1回お休みして、今日は作品でのお薦めです(ww 何かと巷で噂の「ちはやふる」です。 マンガ好きが選ぶ「マンガ大賞2009」で大賞に輝いた作品です。 競技かるたを題材にした少女マンガなのですが、とにかく熱い、そして面白いです。 女性の方は当然??読んでいる方も多いでしょうし、 とにかく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

入門するならこれがお薦め 「石川雅之」。

興味はあるけど何から読んだらいいかわからない。 そんな時のお薦めの1冊を紹介していこうかというこの企画。 第3回目は「石川雅之」さんです(ww 代表作「もやしもん」がフジテレビ系列の深夜アニメ枠「ノイタミナ」でアニメ化されるなど、 もはや結構有名な方ですね。 しかし、そんな「もやしもん」も気付けば既刊は7巻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入門するならこれがお薦め 「石黒正数」。

興味はあるけど、何から読んでいいかわからない。 そんな方にお薦めしたい「1冊」を紹介する2回目は「石黒正数」さんです。 独特のコメディ感覚を持った作家さんです。 なんというか、シュールと思わせて結構ベタだったり?? まあ、個人的にはかなり好きな作家さんです(ww そしてお薦めするのはこちら 探…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

入門するならこれがお薦め 「犬上すくね」。

今回はいろんな自分の「お薦め」な作家さんをプッシュする企画をやってみようと思います。 過去にもおんなじような記事を書きましたが、今回は・・・ 1冊でなんとな~く魅力がわかる そんな「短編集」、もしくは「1巻完結」の作品を紹介したいと思います。 とりあえず1回目は「犬上すくね」さんですね。自分のかなり好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大島司 「 シュート! 」。

ずっと読み返したいと思っていたこの作品についに手をつけてしまいました(汗 すごい長い作品なのになあ・・・読んでないコミック結構たまってるのになあ・・・(ww 現在はコミックバンチで「アタック!」を連載されている大島先生の、 言わずと知れた名作ですね。 この作品、連載終了してから初めて読み返すんですが、実は持ってないシ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コージィ城倉   「 おれはキャプテン 」。

現在は「マガジンスペシャル」で連載されている野球漫画です。 純粋な野球漫画としてはかなり面白い部類に入るマンガですね(ww あらすじはというと・・・ 主人公のカズマサは東京の中学の野球部員。 練習が終わるとソソクサと家に帰ってパソコン三昧という無気力部員。 そんなカズマサの性格を変えようと顧問の先生が無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

末次由紀 「 ちはやふる 」。

最近買った漫画の中でもかなり良かった作品です。 あっという間に最新刊までそろえてしまいました(ww あらすじはというと・・・ その札は、きみがくれた情熱。 百人一首競技かるたに魅せられた千早の想いを描く、注目度No.1ストーリー!! 小学6年生の千早が出会ったのは、福井からやってきた転校生・新(あらた)。大…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

細野不二彦 「 ママ 」。

今現在読み返してるマンガです。 「ギャラリーフェイク」や「グーグーガンモ」でお馴染みの細野先生の作品です。 80年代後半から90年代初めにかけてYSで連載されていた作品です。 自分が購入したのは約10年前くらいでしょうか。 当時、ブックオフが家の近所に出来たころで、 古めの作品をかなり買いあさっていたのですが、…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

高津カリノ 「 WORKING! 」。

北海道のファミレスを舞台に繰り広げられる変人たちの共演!! この作品、来月に新刊が出るので読み返しましたがやはり面白い・・・ 「ハニカム」を読んだ流れで読んだのですが(ハニカムもファミレスマンガ) 両方とも甲乙つけがたい作品ですね。 もう、 この2作品はファミレスマンガの最高峰だーーー …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桂明日香 「ハニカム」。

ついこないだ2巻が出たのですが、自分としては珍しく1巻から読み返してみました。 通常は最低でも5巻以上、もしくは完結するまでほとんど読み返すことはないのですが、 この作品は1巻の段階でかなり自分的には「ネ申マンガ」な気がしていたので・・・ んで読んだ感想としては、 ・・・やっぱりネ申マンガやったーーーー!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イワシタシゲユキ 「ぬけぬけと男でいよう」。

最近読破した作品です。「女王様がいっぱい」を読んでハマッている作家さんです。 こちらの方が前作にあたるのですが、この作品も完成度が高いですね・・・ ちょっとした「ホラー」感覚で読める作品です(ww とはいえ、女性の描写はさすがですね・・・ 最初に見た作品はスポ根ものでしたが、その後は完全にハーレム漫画路線にいってます…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

志村貴子 「放浪息子」。

ちょっと読んでから間が空いていますが、最新刊を読んだらまたちょっと紹介したくなりました(ww 女の子に憧れる「二鳥君」と男の子になりたい「高槻君」の話です。 現在は8巻まで刊行されております。 新刊まで全て通して読んだわけですが、やっぱりいい作品ですね。 最新刊でコミックビームでの前作「敷居の住人」のキャラが登場し、世界…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

今、気になる漫画家さん10人 補足。

前回の2回で9人までしか挙がらなかったのですが、唐突にあと1人思い出しました(ww イワシタシゲユキ 現在「コミックバンチ」で連載中。女の子の描写が上手い作家さんです。 画がずば抜けて上手いという部類の方ではありませんが、見せ方が上手いのでしょうか?? 過去の作品も揃えていこうかと思っている作家さんです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今、気になる漫画家さん10人 後編。

前回の続きですね。 前回はこちら http://akai9-enomo.at.webry.info/200811/article_2.html それではさっそく 今井哲也 アフタヌーンで「ハックス」を連載。まだ新人の方です。 いうまでもなくこの「ハックス」が気になっています。今月コミックも出ます…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今、気になる漫画家さん10人。

最近、というか2008年下半期は、振り返ると結構自分的にはマンガが豊作でした(ww 意外といろいろな作品、作家さんを発見できていたようです。 購入量が増えていたのも納得です。 そんなわけで、最近気になった方を10人挙げてみようかと。 あくまで最近気になった方のみです。通年気になっている方なんかは除きます(ww …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新連載で気になる漫画   古屋兎丸 「幻覚ピカソ」。

先月の「ジャンプスクエア」から連載の始まった「古屋兎丸」さんの新作です。 絵を描くのが大好きな主人公の「ピカソ」はある日友人の「千晶」と事故に遭う。 千晶は死んでしまうが、ピカソは奇跡的に助かる・・・ しかし、その奇跡を起こしたのは死んだ「千晶」だった。 そして死んだはずの「千晶」がなぜかピカソの前に現れ、人を救うよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more